抜け毛

毛を育むために

男性

薄毛にはそれぞれ原因とそれに応じた対策がありますので、症状にあった育毛剤を使用することです。また、育毛剤は使ってもすぐには効果がでないです。そこであきらめるのではなく継続して6ヵ月は使い続けることです。

詳しく読む

植えることでフサフサに

男性

実際、人は他人を見た目で判断するということは、否定しがたい事実といえます。大阪梅田のような場所には、植毛に関する店舗も集中してあります。毛髪について気になっていることがあれば、一度相談してみることです。

詳しく読む

関連サービスも利用

医者

薄毛対策には生活習慣の改めが重要だと主張する人がいます。しかし全員の薄毛の原因が共通である事はあり得ないので、一人一人に適切な対処が不可欠です。それをサポートする立場である診断サービスは、将来的に成長すると言われています。

詳しく読む

効果以外も知っておく

抜け毛シャンプーランキングを発表しているのがこちらのサイトです。薄毛の症状が進行する前に使えば、抜け毛を減らすことが出来ますよ。

脱毛症を改善するために

男性

全世界的に見ても、脱毛症から来る薄毛に対してコンプレックスを抱いている人は非常に多く、日本でもかなりの方が脱毛症に悩んでいるという報告があります。 そんな中で、脱毛症を改善するためにいくつかの医薬品が開発されてきました。その中でも特に代表的な医薬品として、フィナステリドとミノキシジルが有名です。 フィナステリドとは、男性にだけ発現する男性型脱毛症の治療薬です。男性型脱毛症とは、男性ホルモンが関与した脱毛症のことで、フィナステリドは原因物質と言われるジヒドロテストステロンの生合成を阻止して男性型脱毛症を食い止めるのです。 一方のミノキシジルは、男性型脱毛症に限らず女性に対しても脱毛症を食い止める効果が期待できます。

作用機序について

ミノキシジルの作用機序について説明します。ミノキシジルは、高血圧の治療薬として開発された経緯があり、血管を拡張させる効果が知られています。ですからミノキシジルは、頭皮の血管を拡張させ、血行を改善させることで発毛を促すのです。 現在ミノキシジル製剤は、一般医薬品として薬局等で購入できますが、副作用があることも知られています。その主な副作用としては、頭皮の痒みやニキビ、そして頭痛や顔のむくみ等が知られています。 その他にも注意すべき副作用として、低血圧や不整脈が知られています。また、因果関係ははっきりしていませんが、さらに重篤な副作用があるとも言われており、ミノキシジル製剤の使用には十分な注意が必要です。 しかし、薬局等でも比較的簡単に購入することができることから、人気がある発毛剤の1つになっています。